Menu

Blog Component

ラウンドアップの風評を正す

https://nakai-koumuten.com/除草剤 ラウンドアップを使ってみました。/ >

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 https://my-best.com/5471 ラウンドアップ この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

https://www.roundupjp.com/ afpbb.com/articles/-/3290039

ラウンドアップの風評を正す

グリホサート >

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

inakasensei.com/roundup href="http://yoshida-kasei.jp/item/index.php?c=item_view&pk=132">http://yoshida-kasei.jp/item/index.php?c=item_view&pk=132 ラウンドアップ ラウンドアップ 古い

ラウンドアップの風評を正す

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 https://www.umin.ac.jp/chudoku/chudokuinfo/u/u031.txt sustainablejapan.jp/2020/02/04/epa-glyphosate-2/46108 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

ラウンドアップ グリホサート ラウンドアップ 意味

ラウンドアップの風評を正す

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11226734271?__ysp=44Op44Km44Oz44OJ44Ki44OD44OX href="https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11231352716?__ysp=44Op44Km44Oz44OJ44Ki44OD44OX">https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11231352716?__ysp=44Op44Km44Oz44OJ44Ki44OD44OX https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12232870637?__ysp=44Kw44Oq44Ob44K144O844OI ラウンドアップ matsukiyo.co.jp/store/online/p/4957919634979 >

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

ラウンドアップの風評を正す

https://farmtop.jp/SHOP/N000898.html ラウンドアップ 風 l-content">

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

https://store.shopping.yahoo.co.jp/wise-life/4515262100017.html?__ysp=44Kw44Oq44Ob44K144O844OI ラウンドアップ https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%9B%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88-486290

ラウンドアップの風評を正す

https://kakaku.com class="p-post__header ラウンドアップ イシクラゲ ラウンドアップ l-content">

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

https://www.roundupjp.com

ラウンドアップの風評を正す

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 ラウンドアップ 古い https://agrifact.dga.jp/faq_detail.html?id=66&category=29&page=1 https://agrifact.dga.jp/faq_detail.html?id=60&category=29&page=1 href="https://agrifact.dga.jp/faq_detail.html?id=1&category=5&page=1">ラウンドアップ この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

ラウンドアップの風評を正す

メディアは本年5月13日、米国カリフォルニア州の陪審員による裁判所が、「除草剤ラウンドアップを約30年間使用したことが原因でがんを発症した」という訴訟で、ドイツのバイエル(モンサントを買収)に20億ドル(約2180億円)余りの賠償金を支払う義務があると認定した」と報じている。バイエル側は、米環境保護庁(EPA)が先月、除草剤の使用に関する暫定的なレビューでも、グリホサートには発がん性がないとしており、また世界の主要な保健当局もグリホサートの発がん性を否定していることを主張したが、陪審の判断はまったくそれとは矛盾する判決となった。バイエルは控訴すると表明している。 この裁判でのバイエル(モンサント)の敗訴の理由はグリホサートの発がん性そのものというより「ラウンドアップの潜在的な危険性について十分な警告をしなかった」という理由である。とはいえ、同州でのラウンドアップの発がん性に関する裁判では3件目の敗訴であり、これでラウンドアップ批判派(遺伝子組換え反対派)の活動はますます活発になるだろう。しかし、幅広く科学的根拠を確認しながら判断を下している我が国の食品安全委員会をはじめ米環境保護庁、EUの欧州食品安全機関(EFSA)などがグリホサートの発がん性を否定していることを忘れないでほしい。

 

読者諸氏は自信をもってラウンドアップを使用基準に従って利用すべきだし、その根拠をこの特集を通してご理解いただきたい。

ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?

公益財団法人食の安全・安心財団理事長東京大学名誉教授

唐木英明

農学博士、獣医師。1964年、東京大学農学部獣医学科卒業。同大学助手、助教授、テキサス大学ダラス医学研究所研究員を経て、87年に東京大学教授、2003年に名誉教授。その後、倉敷芸術科学大学学長、日本学術会議副会長、内閣府食品安全委員会専門委員などを歴任。

安全性が高く、有用な除草剤として古くから世界中で使用されているラウンドアップが危険な農薬であるかのような風評被害に遭っている。不正確な論文や恐怖をあおる映画が作られ、非科学的な風評が拡散し、それが裁判にまで影響し、ラウンドアップを必要としている農業者に不安が広がっている。このような事態になった原因は、ラウンドアップが遺伝子組換え(GM)反対の道具に使われたことである。その顛末と対策について考える。

(1)ラウンドアップ

ラウンドアップは米国モンサント社(※1)が1974年に発売した除草剤であり、有効成分はグリホサートという化学物質である。ほとんどの種類の雑草を除草することができるのだが、散布すると短時間で土壌に吸着され、微生物により分解されて消失するので、環境汚染の可能性は小さい。また、後で述べるように安全性が高く、適切に使用する限り人の健康被害はない。このような優れた性質を持つため、世界の160カ国以上で広く使用され、日本や米国では最も多く使用されている。

発売されてから約20年間、ラウンドアップは広く使われ、その安全性について特段の議論はなかった。しかしその後、ラウンドアップの運命は大きく変わり、一部の人たちから毛嫌いされるようになった。そのきっかけは1996年に始まった遺伝子組換え(GM)作物の商業栽培だった。

(2)ラウンドアップレディー

最初に栽培されたGM作物はモンサント社が開発した「ラウンドアップレディー」(ラウンドアップ耐性)と呼ばれるもので、ラウンドアップを散布しても枯れない性質を持った大豆やトウモロコシだった。このGM作物が育つ畑にラウンドアップを散布するとすべての雑草は枯れてしまい、GM作物だけが生き残る。そんな夢のような新技術だ。農業労働の大きな部分を占める除草が簡単になるというメリットのため、ラウンドアップレディーは世界中に広がり、GM作物の大きな部分を占めるようになった。日本でもその安全性の審査が行なわれ、ラウンドアップレディーのトウモロコシ、大豆、菜種、綿などの安全性が確認されている。ラウンドアップもラウンドアップレディーと一体になって売り上げを伸ばした。

 

https://agri-biz.jp/item/detail/4965?item_type=1

ラウンドアップ 稲 ラウンドアップ ラウンドアップ 影響 朝露 href="https://shop.takii.co.jp/products/detail/MSH997">ラウンドアップ

ラウンドアップってどんな除草剤?効果・使い方・安全性を徹底解説

ラウンドアップ 撒き方 ラウンドアップ 20 l l-content">

ホームセンターでよく見かける「ラウンドアップ」ですが、一体どのような除草剤なのでしょうか?

今回は、野菜のそばに撒いても平気なのか、人体に影響は無いのか、どんな雑草に効果があるのかなど、ラウンドアップの使用方法や安全性についてまとめて解説致します。

ドラッグストアで一番よく目にするよね!

除草剤はそれぞれ特徴があって使い方も注意点も違うから、よく理解をして使うことをおすすめするぞい!

 

ラウンドアップの基本情報

情報

まず、ラウンドアップの基本情報は下記の通りです。

※この先を読み進めていただく前に、別記事「除草剤にはどんな種類がある?おすすめの選び方をご紹介します」をお読みいただきますと、この先の説明が幾分か理解しやすいかと思われます。まず、大きく分けてポイントとなるのは「茎葉処理剤」「移行型」「非選択性」の3つです。

  1. inakasensei.com/roundup class="marker">茎葉処理剤:地面に撒くのではなく、雑草の葉や茎にかけることで効果を発揮する薬剤
  2. 移行型:薬剤が葉や茎に付着し、時間をかけて植物体内を移動し、薬効を発揮する薬剤
  3. 非選択性:薬剤が付いた植物は例外なくすべて枯れさせてしまう薬剤
  4. ラウンドアップは、上記の特性から

    • すでに雑草が生えているかどうか
    • 薬効が現れるまで時間がかかっても大丈夫か(天候・作業スケジュールの問題等)
    • 根まで枯らしてしまいたいかどうか
    • 周囲に付着すると困る作物などは無いか
    • これら4項目がいずれも問題なければ、ラウンドアップを使用してもいいでしょう。

      特に、スギナラウンドアップ class="marker">ハマスゲなど、地下の塊茎など増えるタイプの強害雑草は根まで枯らす必要があります。

      駆除したい雑草の中に、スギナやハマスゲがある場合はラウンドアップはお勧めできます。

      【関連記事】

      >>>スギナの駆除方法と効果のある除草剤を教えます

      >>>マスゲとはどんな雑草?カヤツリグサ科の駆除方法まとめ

       

      ラウンドアップの種類別の比較

      比較

      2017年月現在、ラウンドアップには下記の3種類の商品があります。

      1. ラウンドアップマックスロード
      2. ラウンドアップマックスロードAL
      3. ラウンドアップマックスロードAL2
      4. 1.ラウンドアップマックスロード

        日産化学 ラウンドアップマックスロード 500ml

        posted with カエレバ

        日産化学工業

        Amazon

        楽天市場

        Yahooショッピング

        価格.com

         

        ラウンドアップマックスロードは、うすめて使う希釈タイプの除草剤です。

        このタイプのいい点は、広範囲の除草に効果的かつ経済的である点でしょう。

        また、スギナなどの強害雑草の場合は、次に紹介するラウンドアップマックスロードAL/AL2の濃度よりも濃くすることで効果的に除草ができるので、特にスギナを除草したい場合はこちらのタイプが良いでしょう。

        また、好きな濃度に希釈して噴霧器(動噴)などに移し替えて散布すると、広範囲に効果的にまくことが出来ます。かけむらを無くすことで、除草剤の無駄もなく効率よく枯殺することが出来ます。

        >>>「噴霧器の種類別におすすめを紹介!家庭用に小型の噴霧器はいかが?

        一方で、デメリットは自分で希釈する必要があること、自分が除草したい雑草の種類によっては希釈する濃度を調節する必要があるので、自分の庭に生えている雑草がどの種類のものかを把握しておく必要があるという点でしょう。

        希釈の目安は以下の通りです

        【25倍希釈】

        スギナ

        【50倍希釈】

        ツユクサ、オオバコ、スベリヒユ、カヤツリグサ(ハマスゲ)、エノキグサ、笹、ヤブガラシ、クズ、ワルナスビ、ヒルガオ、ドクダミ、イタドリ、セイタカアワダチソウ、ススキ、ガガイモ、キクイモ

        【100倍希釈】

        ギシギシ、イヌタデ、タンポポ、ヒメオドリコソウ、アメリカセンタングサ、ハルジオン、ヨモギ、アカザ、スズメノカタビラ、メヒシバ、ノボロギク、アレチウリ、カナムグラ、よ

        スギナだけ25倍というのを見ると、どれだけ駆除しにくいのかが分かるね

        希釈の目安は以下の通りじゃよ

         

        • 100倍液の作り方 >>> 水10Lに100ml
        • 50倍液の作り方    >>> 水10Lに200ml    ラウンドアップ al3 ←  マックスロードAL/AL2と同濃度
        • 25倍液の作り方   
        • ラウンドアップってどんな除草剤?効果・使い方・安全性を徹底解説

          ホームセンターでよく見かけるhttps://www.tanomail.com href="https://www.shopping-charm.jp/product/2c2c2c2c-2c2c-2c2c-2c2c-313038373831">ラウンドアップ class="marker">「ラウンドアップ」ですが、一体どのような除草剤なのでしょうか?

          今回は、野菜のそばに撒いても平気なのか、人体に影響は無いのか、どんな雑草に効果があるのかなど、ラウンドアップの使用方法や安全性についてまとめて解説致します。

          ドラッグストアで一番よく目にするよね!

          除草剤はそれぞれ特徴があって使い方も注意点も違うから、よく理解をして使うことをおすすめするぞい!

           

          ラウンドアップの基本情報

          情報

          まず、ラウンドアップの基本情報は下記の通りです。

          ※この先を読み進めていただく前に、別記事「除草剤にはどんな種類がある?おすすめの選び方をご紹介します」をお読みいただきますと、この先の説明が幾分か理解しやすいかと思われます。まず、大きく分けてポイントとなるのは「茎葉処理剤」「移行型」「非選択性」の3つです。

          1. 茎葉処理剤:地面に撒くのではなく、雑草の葉や茎にかけることで効果を発揮する薬剤
          2. 移行型:薬剤が葉や茎に付着し、時間をかけて植物体内を移動し、薬効を発揮する薬剤
          3. 非選択性:薬剤が付いた植物は例外なくすべて枯れさせてしまう薬剤
          4. ラウンドアップは、上記の特性から

            • すでに雑草が生えているかどうか
            • 薬効が現れるまで時間がかかっても大丈夫か(天候・作業スケジュールの問題等)
            • 根まで枯らしてしまいたいかどうか
            • 周囲に付着すると困る作物などは無いか
            • これら4項目がいずれも問題なければ、ラウンドアップを使用してもいいでしょう。

              特に、スギナハマスゲなど、地下の塊茎など増えるタイプの強害雑草は根まで枯らす必要があります。

              駆除したい雑草の中に、スギナやハマスゲがある場合はラウンドアップはお勧めできます。

              【関連記事】

              >>>スギナの駆除方法と効果のある除草剤を教えます

              >>>マスゲとはどんな雑草?カヤツリグサ科の駆除方法まとめ

               

              ラウンドアップの種類別の比較

              比較

              2017年月現在、ラウンドアップには下記の3種類の商品があります。

              1. ラウンドアップマックスロード
              2. ラウンドアップマックスロードAL
              3. ラウンドアップマックスロードAL2
              4. 1.ラウンドアップマックスロード

                日産化学 ラウンドアップマックスロード 500ml

                posted with カエレバ

                日産化学工業

                Amazon

                楽天市場

                Yahooショッピング

                価格.com

                 

                ラウンドアップマックスロードは、うすめて使う希釈タイプの除草剤です。

                このタイプのいい点は、https://www.engei.net class="marker">広範囲の除草に効果的かつ経済的である点でしょう。

                また、スギナなどの強害雑草の場合は、次に紹介するラウンドアップマックスロードAL/AL2の濃度よりも濃くすることで効果的に除草ができるので、特にスギナを除草したい場合はこちらのタイプが良いでしょう。

                また、好きな濃度に希釈して噴霧器(動噴)などに移し替えて散布すると、広範囲に効果的にまくことが出来ます。かけむらを無くすことで、除草剤の無駄もなく効率よく枯殺することが出来ます。

                >>>「噴霧器の種類別におすすめを紹介!家庭用に小型の噴霧器はいかが?

                一方で、デメリットは自分で希釈する必要があること、自分が除草したい雑草の種類によっては希釈する濃度を調節する必要があるので、自分の庭に生えている雑草がどの種類のものかを把握しておく必要があるという点でしょう。

                希釈の目安は以下の通りです

                【25倍希釈】

                スギナ

                【50倍希釈】

                ツユクサ、オオバコ、スベリヒユ、カヤツリグサ(ハマスゲ)、エノキグサ、笹、ヤブガラシ、クズ、ワルナスビ、ヒルガオ、ドクダミ、イタドリ、セイタカアワダチソウ、ススキ、ガガイモ、キクイモ

                【100倍希釈】

                ギシギシ、イヌタデ、タンポポ、ヒメオドリコソウ、アメリカセンタングサ、ハルジオン、ヨモギ、アカザ、スズメノカタビラ、メヒシバ、ノボロギク、アレチウリ、カナムグラ、よ

                スギナだけ25倍というのを見ると、どれだけ駆除しにくいのかが分かるね

                希釈の目安は以下の通りじゃよ

                 

                • 100倍液の作り方 >>> 水10Lに100ml
                • 50倍液の作り方    http://shinoharasyoten.shop-pro.jp href="https://nafco-online.com/products/detail.php?product_id=24283441">https://nafco-online.com >>> 水10Lに200ml    ←  マックスロードAL/AL2と同濃度
                • 25倍液の作り方   
                • View older posts »

                  Search

                  Comments

                  There are currently no blog comments.